個人でのサイト制作のデメリット

個人のサイトとは何か

個人のサイトとは、個人運営のホームページやブログのことです。昔はプロバイダ提供のホームページが活発でしたが、徐々に無料ブログサービスへと人気が移行しました。より手軽に情報の受発信ができるSNSが人気になってからは、無料ブログサービスを終了する会社も増えはじめています。そこで再び注目されているのが、レンタルサーバーを利用した個人のホームページです。 以前はホームページといえば、HTMLを組んだりプログラミングの知識が必要不可欠でした。現在はCMSというホームページを簡単に作ることができるツールが登場し、ハードルが低くなり個人でも作成する人が増えました。人気の大きな理由はサービス提供終了の心配がないことです。個人サイトを無料ブログのように日記のように使う人、フリーランスとして仕事を受注したい人など、その使い方は様々です。

個人サイトの制作を自分でやる場合のデメリット

サイト制作のハードルが下がりましたが、サイト制作会社への依頼は増えています。個人でのサイト制作にデメリットもあるからです。自分で作るとなると、いくら簡単になったとはいえ、ある程度の知識は必要ですし時間もかかります。トラブルが起きた時は自分で対処しなければいけません。CMSを使って作るサイトは人気のデザインがかたよってしまうこともあり、せっかく頑張って作ったのに似たようなサイトを見てがっかりすることもあります。 また、収益を目的にする場合は、SEO対策も自分で行わないといけません。時間をかけて勉強できる余裕がなければなかなか思うようなサイトを作ることができず、仕事に利用したいと考えてい

デジタルマーケティング戦略は、検索エンジンなどのWebサイトや、SNSなどから得られる膨大なデジタル情報を活かすマーケティング戦略です。まずは「目的」や「ターゲット」を明確化したうえで立案する必要があります。